【介護保険最新情報vol.545】
特別養護老人ホームへの入所申込等に関する調査について

2016-04-21

厚生労働省は4月18日、介護保険最新情報vol.545を発出し、特別養護老人ホームの入所申込の実態把握に関する調査に協力するよう、各都道府県に対して要請を行いました。
政府は一億総活躍社会の実現に向けて、2020年代初頭までに特養への入所待ち高齢者の解消を目指しています。一方で、保険者である市町村は、利用者のニーズに応じたサービスを提供するためには、真に入所が必要と判断される被保険者を的確に把握したうえで、必要なサービス種類の量を見込み、介護保険事業計画を策定することが必要となります。
入所申込に関する実態調査は前回は2013年に行われ、一定期間が経過したことから、今回の実施に至りました。調査では市町村区域を越えた重複申込の排除を行う必要があることなどから、同省は、指定都市および中核市などと連携を図りながら主体的に取り組むよう、都道府県に求めています。

詳しくはこちらへ → 【介護保険最新情報vol.545】特別養護老人ホームへの入所申込等に関する調査について


Copyright(c) 2013 北陸セントラル介護福祉事業支援センター All Rights Reserved.