【介護保険最新情報vol.521】
「求職者支援訓練」と「福祉用具専門相談員指定講習及び介護職員初任者研修」との連携について

2016-03-04

厚生労働省は3月1日、介護保険最新情報vol.521を発出し、求職者支援訓練における、福祉用具専門相談員指定講習および介護職員初任者研修の適切な実施を求めました。

通知によると、偽造した指定通知書を用いて、福祉用具専門相談員講習および介護職員初任者研修を実施する事業者として県の指定を受けたと偽り、求職者支援訓練の実施機関として申請した事業所が認定を受ける事案が兵庫県で発生しました。発覚時にはすでに訓練が実施されていたといいます。

同省は、「福祉用具専門相談員指定講習および介護職員初任者研修、ならびに求職者支援訓練の信用を失墜する行為であり誠に遺憾」として、求職者支援訓練の認定事務を行う独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構との連携を通じて、再発防止に取り組むよう都道府県に求めています。

詳しくはこちらへ → ◎【介護保険最新情報vol.521】「求職者支援訓練」と「福祉用具専門相談員指定講習及び介護職員初任者研修」との連携について


Copyright(c) 2013 北陸セントラル介護福祉事業支援センター All Rights Reserved.