banner

介護事業トピックス

当事務所の強みと特徴

morigyoseishoshiその1

居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)等の介護関連の資格をもった行政書士が手続きを致します。

私し当事務所代表の森眞一郎は居宅介護支援専門員や福祉用具貸与専門相談員、福祉サービス第三者評価調査者など介護分野に関する資格を多数保持して おり、書類の作成提出のみならず、実際に運営していく中での様々な問題点等に対し介護現場を知っているケアマネージャーの知見と法律家としての行政書士の 知見とで、問題解決にあたります。

その2

介護現場で働く職員の気持ちや介護事業所経営者の気持ちは誰よりも理解しています。

認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)に事務長として勤務した経験がありますので、経営者や施設長又は管理者の方たちの介護事業を運営していく上での悩みは誰よりも理解しています。
人員配置や利用者確保、シフト表の作成や監査対応など自らの介護現場での経験と行政書士としての法律面からのアドバイスで開業後の運営も全面的に支援致します。

その3

高齢者福祉のために全力を尽くします。

介護保険事業計画等策定委員会の委員や介護支援専門員協会の理事として、行政や団体における介護保険制度の普及に携わる他、福祉サービス第三者評価 調査者や石川県行政書士会成年後見サポートセンター登録会員として、介護事業所の適切な運営の啓蒙と成年後見制度の普及のために全力を尽くします。

介護事業は経営です。

事業者様の介護に対する理念や想い、優しさを形にする事業。
それが介護事業であると当事務所は考えます。
しかし、その前に忘れてはならない事もあります。
それは介護事業はあくまでも経営であるということを。
経営である以上、事業者様は開設前の限られた時間で利益確保のためのあらゆる手段を講じなければ、開設後の適正利益も確保できず運営も安定しません。
運営規程等、専門的書類の作成や役所との打合せは等は介護専門の当事務所におまかせ頂き、事業者様は先ずは「人員確保」と「利用者確保」に力を入れ、開設後の安定した運営を見据えた経営に専念して頂きたいと思います。

banner banner banner


Copyright(c) 2013 北陸セントラル介護福祉事業支援センター All Rights Reserved.